楽天モバイルから最高のプラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」

楽天のサービス
スポンサーリンク

こんにちはトマトです。

携帯電話代は毎月の固定費で安く抑えたい家庭支出の一つです。未だに1万円以上の通信費+端末代を支払っている方も多いと思います。今回記事にしたのが楽天モバイルから発表されたRakuten UN-LIMIT Ⅵです。Rakuten UN-LIMIT Ⅵは2021年4月1日から適用です。一言でいえば皆が待ち望んでいた最高なプランだと思います。現行のRakuten UN-LIMIT Vから何が進化したのかまとめてみました。是非ご閲覧下さい。

まず現行の楽天Rakuten UN-LIMIT Vですが、こちらのプランは毎月2980円(税別)定額でデータ通信し放題・国内通話掛け放題(楽天モバイル音声通話アプリ使用時)ととてもシンプルなプランになっています。そしてRakuten UN-LIMIT Vは300万回線契約まで1年間プラン代を無料にするキャンペーンをしています。

今回発表された新プランはRakuten UN-LIMIT Ⅵは、現行のRakuten UN-LIMIT Vを使用している方も対象で何も手続きをしなくても2021年4月1日には切り替わります。

楽天モバイルより引用

何が変わったのか?

上記の図を見て頂きたい。新プランRakuten UN-LIMIT Ⅵは月のデータ通信使用量に応じて月額が変化する多段階制のプランとなっています。

上限の2980円(税別)は変わらないが、なんと下限が0円~となっています。

月のデータ通信量が1GBまで0円、3GBまで980円(税別)、20GBまで1980円(税別)、20GB以上2980円(税別)となっています。音声通話も「Rakuten Link」(楽天モバイル音声通話アプリ)を使用で無料です。

何がすごいかというと少ししかデータ通信を使用しない人だと携帯電話代が0円で使用できます!

私は現状ワイモバイルを使用していますが、月のデータ使用量は1~2GB程度ですがそれでも3000円程度の費用を毎月支払っている。それでも安い方のプランだと思っていましたが、それと比べると最高のコストパフォーマンスです。

大体の方は毎月自分がどのくらいデータ通信をしているかなんてあまり気にしていないと思います。しかし知らないと本当に損をしてしまうのが携帯電話代です。各キャリアから新料金プランが発表されている中、旧料金プランを見直しせずにいると毎月余分な出費を抱えることになります。中には月に7000円程度節約できる方も多いかと思います。人数が多い家族こそ見直しは早急にするべきです。あと旧料金プランは2年縛りで解約金が掛かる契約がほとんどです。他社に乗換する際も解約金1万円程度発生してしまいます。現行の料金プランでは解約金は掛からなくなっているので、乗換などを検討されている方は、まず料金プランの変更をするのが鉄則です。

まとめ

昨年末にdocomoがアハモという新プランを発表してから楽天モバイルはとても厳しい立場に立たされていたのは間違いないと思います。そしてau・ソフトバンクと同内容の新プランが発表され、同料金で電波が悪いとなるととても太刀打ちができない中、出した答えがこの神のような料金プランということです。

現状、楽天モバイルの電波状況はまだまだ圏外になる場所も多いのも事実です。しかし首都圏や地方都市ではかなりエリア拡大をしているのも事実です。

弱みとしては電波が届かないエリアはパートナーエリアと称してauの電波を借りていて、こちらは人口カバー率70%を超えたエリアからauは撤退できる契約となっている。楽天モバイルは低周波数帯のプラチナバンドを獲得できていないことも弱みであり、プラチナバンドを獲得するためにはユーザー数を増やさないと話にならないとはずなので、今回のプランは企業として赤字が続くだろうが今後の楽天モバイルにとってはいい一手になったと思う。今後の楽天モバイルにまだまだ注目していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました