明治安田生命「じぶんの積立」ってどうなの?

投資関連
スポンサーリンク

こんにちは、トマトです。

みなさんは生命保険に加入されていますか。生命保険というと個人的なイメージですが、「途中で止めると損しちゃう」「万が一の時には役立つけど、それ以外は毎月高い費用がかかる」みたいなあまり良いイメージが無いのが正直な意見です。

今日はこのちょっと変わった月々5000円から加入ができる貯蓄型生命保険について説明してみます。こちらの生命保険は、生命保険に「加入したことが無い方」や「毎月、銀行に定額で貯金をしている方」にはメリットがある保険だと思います。是非ご参考までにご閲覧頂きたいと思います。

それでは本題に入っていきましょう。

じぶんの積立とは

こちらの商品は明治安田生命から販売されている生命保険になります。

2016年10月から販売開始をしており、2020年3月時点では130万件突破している人気な保険です。

こちらの保険はいくつかの特徴があるので箇条書きにしてみます。

  1. 賭け金は一口5000円/月で最大4口まで購入が可能
  2. イレギュラーが無い限り途中解約をしても元本が100%戻ってくる
  3. 最長10年満期の保険で掛け金に対して最大3%/10年の利子がつく
  4. 掛け金は5年まで掛けて後の5年はほったらかしでOK
  5. 健康状態に関わらず加入できる
  6. 災害死亡が払込金額の1.1倍になる

細かいところを抜きにしたらこんなところでしょうか。

保険というよりは定期預金に近いですね。

1.賭け金は一口5000円/月で最大4口まで加入可能

※明治安田生命ホームページより引用

2.途中解約をしても元本が100%戻ってくる

通常の積立型保険だと短期で解約すると返戻率(へんれいりつ)というルールがあり、年数に応じて掛け金が戻ってきます。掛け金によっても変わりますが、大体15年〜20年くらい掛けてやっと100%の返戻率を達成するくらいの保険が多いと思います。

こちらの保険はその返戻率がどの時期でも100%を割っていません。そのためいつやめても最低掛け金は戻ってくるようになっています。ただイレギュラーが有りますのでそちらについてはデメリットの欄で解説します。

3.最長10年満期の保険で掛け金に対して最大3%/10年の利子がつく

※明治安田生命ホームページより引用

掛け金を最長の10年まで継続すると3%の利子が付いて返還されます。しかしこの3%の利子は所得になるので利子に対して税金が約2割ほど引かれます。そのため実質は約2.4%の利子所得になります。下記に例を書きましたのでご確認ください。

1口の場合 元金300,000円+利子9,000円一税金約1,800円=最終約307,200円

というような計算になります。

税引き後の利子を複利で計算すると年利0.23%程度です。この数字をいいとするかは考え方次第ですね。※参考までに2020年4月以降のメガバンク(三井、UFJ、みずほ等の大手銀行)の定期預金の利率は0.002%です。

4.掛け金は5年まで掛けて後の5年はほったらかしでOK

※明治安田生命ホームページより引用

こちらの商品は5年目までに掛け金を全て支払う商品になっています。その後の5年間は預け入れておくだけということになります。

5.健康状態に関わらず加入できる

6.災害死亡が払込金額の1.1倍になる

※明治安田生命ホームページより引用

メリット

ここまでで、まだ伝えていない事があります。

私が思う一番のメリットは生命保険料控除の対象となることです。

生命保険料控除って何?ってなる方もいるかもしれませんが、所得と保険の掛け金にもよりますが所得税と住民税から節税できる制度です。

ちなみに下に一口5,000円(年間6万円)の生命保険控除の例を記入してみました。

  • 課税所得「300万」の場合・・・・・「6,300円/年」くらい得する
    • (所得税)35,000円×10%=3,500円
    • (住民税)28,000円×10%=2,800円 
  • 課税所得「500万」の場合・・・・・「9,800円/年」くらい得する
    • (所得税)35,000円×20%=7,000円
    • (住民税)28,000円×10%=2,800円 
  • 課税所得「800万」の場合・・・・・「10,850円/年」くらい得する
    • (所得税)35,000円×23%=8,050円
    • (住民税)28,000円×10%=2,800円 
  • 課税所得「1,000万」の場合・・・「14,350円/年」くらい得する
    • (所得税)35,000円×33%=11,550円
    • (住民税)28,000円×10%=2,800円

税率の計算をするとこんな感じです。自分がどこに当てはまるかよかったら確認してみて下さい。

生命保険料控除以外のメリット

  • いつ解約しても元金は戻ってくる
  • 10年満期まで迎えたら銀行定期預金よりも利率が良い
  • 5年目以降生命保険料控除が受けられないが新規でもう一口加入できる

デメリット

  • 生命保険会社が倒産した際の元金は保証されていない。ただ、そんなことが起こったとしたら、おそらく日本がどうなっているのって...状態なので個人的にはあまり気にしなくてもいいと思っています。
※明治安田生命ホームページより引用
  • 解約をすると3年間再加入できない。
※明治安田生命ホームページより引用
  • 途中でお金を引き出したい時は、銀行の預金と違い解約手続きがめんどくさい。
  • 生命保険会社の営業から別の保険も強く勧められそう。
  • インフレに対応できない。※銀行預金も同じことは言えます。

まとめ

※明治安田生命ホームページより引用

私も4年前に生命保険料控除を使っていなかったので1口加入をしましたが、生命保険料控除で私の収入だと年間9800円の節税が受けられ、10年満期時に複利計算で0.23%程度の利子が付いてくる事を考えると個人的には優良な投資型保険だと思います。5年目以降に生命保険料控除が受けられないので、そこでさらに一口新規加入して新たに生命保険料控除を受けられるように検討してもいいと思います。

私のケース 節税9,800円×5年と10年満期で約7,200円の利子を受け取れるので実質は約56,200円のお得になる予定です。この節税も含めての金額で複利計算をしなおすと年利1.73%になります。

結果、節税型保険の認識でいいと思います。銀行に使わない預金が有り、生命保険料控除を使っていない方には、おすすめな保険だと思います。もしくは貯金が苦手という方にも良いとは思いますが、お金に困って引き出し=解約になると手間だけ掛かるので、その辺りはよく考えてご加入される事をおすすめします。

あと私を担当した営業の方は、他の商品も進めてはきましたが、そんな無理に押し売りをしてくるようなことは無かったです。興味が無かったら興味が無いことを伝えたら断れると思います。

以上でまとめを終了いたします。最後までご閲覧いただきましてありがとうございました。

今後も簡易な節約術やちょっとした投資の話などの掲載を予定しております。

今後ともよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました